マイルがたくさん貯まるゴールドカード

記憶術 おすすめ

おすすめの記憶術や私が記憶術をおすすめする理由をお話します。

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

記憶するために歴史は図表化して覚えていく

歴史の暗記って得意ですか?

歴史の教科書を何度も繰り返して読んでいるのに、
なかなか年号や人物、そしていろいろな関係などを覚えることができないという方は
多いのではないでしょうか。

歴史が大好きで興味がある方ならそれだけでも
スーッと記憶する事ができるかもしれませんが、

あまり興味がない科目だったりすると、
なかなか記憶するのも難しいと思います。

歴史はなんと言っても暗記科目。
年号や人物名、人物の関係などを細かく覚えていかなければいけません。
そんな時には、ぜひ覚えやすい方法でトライしてみましょう。


例えば、年号なら語呂合わせを使ってみるとか。
人物名や人間関係などを覚える時には、
教科書を読みながら図表化していくと効果的です。

覚えやすいようにイラストを交えるのも良いかもしれませんね。
図表を作る時に人物名やイベント名などを声に出してみたり、
語呂合わせで覚えた年号なども書き込んでいくと、より記憶しやすくなるはずです。


図表やイラスト、語呂合わせなどを駆使して
楽しみながら 歴史を覚えたいですね。

記憶と反復学習と習慣

反復学習はご存知ですか?
反復学習とは、
一度やっただけで止めてしまうのではなく、
別の日に再びトライして反復する事、簡単に言うと、こんな感じです。
  
反復学習を続けることは
そのまま「習慣」として生活の一部となったりします。


脳が何かを記憶する時には、一度だけ行なった経験よりも、
何回も行なった経験のほうがインプットされやすく
間違いなく、記憶として脳内に定着します。

学校での勉強や仕事にも言えることですし、
体を動かす時の筋肉やスポーツのスキルなどにも同様のことが言えますよね。

記憶力を高めてよりたくさんのことを暗記したり覚えたりしたい場合には、
何回か反復学習してみてください。

語呂合わせや声に出してみたりして他の方法と併用すると
更に高い確率で記憶として脳裏にインプットされるはずですよ。

自分にとってプラスになるなと感じたことは、
何回も反復学習することで習慣付けてしまうのもよいかもしれませんね。

記憶に関する最も基本的なことですが、
大事なので書いてみました。

関連付けて記憶する イメージを強調する

何かを記憶する時、小さいころからの自分の経験では
ただ短の集中して、覚えることに向かい合うでしょう。

しかしそれだけでは、なかなか記憶するまでは時間がかかってしまいます。

ではどうするか?
自分が馴染みのある何かと関連付けることで、
その経験が記憶回路にインプットされ、
脳内に定着する確率がグンと高くなるんです。

関連付け記憶の中には、学校での勉強や社会の歴史の時間などに駆使した
語呂合わせによる記憶術なども含まれています。

なかなか覚えにくい内容のものを
語呂合わせによって覚えやすい「言葉」「歌」などに変えることで、
脳の中で記憶をつかさどっている海馬や扁桃体の
記憶ネットワークを刺激する事ができるわけです。

また、脳の記憶は部屋にある机の引き出しと同じで、
必要ない物はどんどん整理整頓して
記憶できるスペースを空けてあげるような工夫をする事も大切です。

インパクトの少ない
経験は時間とともに忘れていくので、
忘れたくない経験などは工夫して
強烈なインパクトをマックスにして
脳内にたたきつけるようにするとと良いですね。

記憶力を高めるために勉強と運動を交互にやってみる

勉強と運動を交互に行なう事は、
実は頭と体をバランスよくすることができ、
記憶力アップや脳の活性化にとっては最高のコンビネーションです。

仕事や勉強などを集中して行った後に運動をすれば、
疲れた脳にとってはよいリフレッシュにもなり、
集中して動かさなかった体にとってはストレッチできて
体全体に酸素を取り込む事もできます。

勉強と運動を交互に行うことは、
脳にとってもよし、体にとってもよし、というワケです。

勉強や仕事など集中して脳を使う場合には、
あまり長時間集中し続ける事は難しいので、
1時間ぐらいを目安にするとよいでしょう。

運動は最低5分~10分ぐらいを目安にして、
あまりクタクタに疲れないようなストレッチなどから始めるのがグッドです。

適度に気分転換できたら、また勉強や仕事に戻りましょう。
脳を休めた事で運動をする前よりも集中力もアップしているはず。

何かを記憶しようとしても、
グングンとスポンジのように頭に入ってくるはずですよ。


記憶力を高めたいなら、
川村明宏のジニアス記憶術

記憶術は想像力と妄想力の強さから

我々人間は、強いインプレッションを受けるような何かがなければ
記憶として脳内にインプットされることなく自然と忘れて行ってしまいます。
強烈な印象というのは誰しも忘れがたいものです。

全ての事を記憶として脳内にインプットする事は不可能でも、
普段の生活の中でいろいろ工夫する事で
記憶能力を劇的に高める方法があることはご存知ですか?
強烈にイメージする、突拍子もない想像を膨らます。

これだけでも記憶力がアップすれば脳も活性化されますから
相乗効果もバツグンなのです。

記憶力を高めるためには、何といっても脳内に
強烈な印象として焼き付けるための素材は不可欠です。

そこで役に立つのが、創造力とか妄想力なんです。

特にスペシャルな要素がない普段の生活の中でも、
想像力と妄想を働かせて強烈なインパクトのある「経験」に変えることによって、
それは脳の中に記憶として焼き付けられる事ができます。

想像力や妄想は基本的にはどんな物でも良いのですが、
あまり被害妄想的なものはやっぱりNG。

できるだけ楽しく人生にとってプラスな感じの想像力と妄想にするのがおススメです。


想像力と妄想力をフルして記憶力をアップしませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。