マイルがたくさん貯まるゴールドカード

関連付けて記憶する イメージを強調する 記憶術 おすすめ

おすすめの記憶術や私が記憶術をおすすめする理由をお話します。

スポンサードリンク
ホーム > スポンサー広告 > 関連付けて記憶する イメージを強調するホーム > 記憶術 トレーニング > 関連付けて記憶する イメージを強調する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Google AdSenseで生成したコード

関連付けて記憶する イメージを強調する

何かを記憶する時、小さいころからの自分の経験では
ただ短の集中して、覚えることに向かい合うでしょう。

しかしそれだけでは、なかなか記憶するまでは時間がかかってしまいます。

ではどうするか?
自分が馴染みのある何かと関連付けることで、
その経験が記憶回路にインプットされ、
脳内に定着する確率がグンと高くなるんです。

関連付け記憶の中には、学校での勉強や社会の歴史の時間などに駆使した
語呂合わせによる記憶術なども含まれています。

なかなか覚えにくい内容のものを
語呂合わせによって覚えやすい「言葉」「歌」などに変えることで、
脳の中で記憶をつかさどっている海馬や扁桃体の
記憶ネットワークを刺激する事ができるわけです。

また、脳の記憶は部屋にある机の引き出しと同じで、
必要ない物はどんどん整理整頓して
記憶できるスペースを空けてあげるような工夫をする事も大切です。

インパクトの少ない
経験は時間とともに忘れていくので、
忘れたくない経験などは工夫して
強烈なインパクトをマックスにして
脳内にたたきつけるようにするとと良いですね。

スポンサーサイト

Google AdSenseで生成したコード

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://kiokujutu.jp/tb.php/9-0bb712fa


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。