マイルがたくさん貯まるゴールドカード

記憶力を高めるために勉強と運動を交互にやってみる 記憶術 おすすめ

おすすめの記憶術や私が記憶術をおすすめする理由をお話します。

スポンサードリンク
ホーム > スポンサー広告 > 記憶力を高めるために勉強と運動を交互にやってみるホーム > 記憶術 トレーニング > 記憶力を高めるために勉強と運動を交互にやってみる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Google AdSenseで生成したコード

記憶力を高めるために勉強と運動を交互にやってみる

勉強と運動を交互に行なう事は、
実は頭と体をバランスよくすることができ、
記憶力アップや脳の活性化にとっては最高のコンビネーションです。

仕事や勉強などを集中して行った後に運動をすれば、
疲れた脳にとってはよいリフレッシュにもなり、
集中して動かさなかった体にとってはストレッチできて
体全体に酸素を取り込む事もできます。

勉強と運動を交互に行うことは、
脳にとってもよし、体にとってもよし、というワケです。

勉強や仕事など集中して脳を使う場合には、
あまり長時間集中し続ける事は難しいので、
1時間ぐらいを目安にするとよいでしょう。

運動は最低5分~10分ぐらいを目安にして、
あまりクタクタに疲れないようなストレッチなどから始めるのがグッドです。

適度に気分転換できたら、また勉強や仕事に戻りましょう。
脳を休めた事で運動をする前よりも集中力もアップしているはず。

何かを記憶しようとしても、
グングンとスポンジのように頭に入ってくるはずですよ。


記憶力を高めたいなら、
川村明宏のジニアス記憶術

スポンサーサイト

Google AdSenseで生成したコード

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://kiokujutu.jp/tb.php/8-6d98d3a8


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。