マイルがたくさん貯まるゴールドカード

記憶術 記憶術 おすすめ

おすすめの記憶術や私が記憶術をおすすめする理由をお話します。

スポンサードリンク
ホーム > カテゴリー - 記憶術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

川村明弘先生の記憶術セミナー

川村明宏先生によると、誰でも本を早く読めたり、
記憶力を上げることができるようですね。

元々本を読むのが遅かったので、
本が早く読めれべ何回も繰り返して読めるので
資格とかも取りやすいですね。


頭の回転を早くするのが”ミソ”だそうです。
子供のころから頭の回転が早い子がいますけど、
そういう子って何かしらトレーニングしています。
なので、川村先生が、

誰でもトレーニングで頭の回転が早くなるというのも理解できます。
「頭の回転が早くなる」ことで、
速読ができたり、記憶力が上がるということは
資格取得や学生なら受験などにも使えます。

川村先生は最近講演会とかも開催しているようです。
今年はすでに3回開催しているようです。
次は 2010年10月15日(金)19時00分~21時30分(開場18時30分)
に 新宿であるようですね。
詳しくは川村明弘速読記憶術セミナーでどうぞ

内容は以下
・米ユタ大学が効果を認めた!「川村式速読トレーニング」の理論と実践
・「頭の回転」を早くさせる秘訣
・子供の頃に知っておきたかった!頭を良くする簡単トレーニング
・なぜ速読を身につけると、偏差値が確実に上がるのか?
・語学の勉強に最適な「速読+記憶」術を身につける!
・記憶術を使って、自由自在に思い出せるようになる方法
・視力の低下は脳の異常のはじまり!?視力回復のコツ
・1冊20分で読めるようになる速読の世界
スポンサーサイト
[ 2014/10/07 10:46 ] 記憶術 | TB(0) | CM(0)

記憶に自信があれば

記憶に自信がつけば、
いろいろな資格にも挑戦したくなりますよね。

そして、どんな資格を取ってみようか悩むかもしれませんね。

こちらのサイトでは資格の通信講座の
特集をくんでいました。


私も、眺めていて、ユーキャンでも始めたいと思っています。
資格 通信講座特集

記憶術ってすごいですね。
人の人生を変えてしまうんですね。
[ 2014/04/25 23:05 ] 記憶術 | TB(0) | CM(0)

音読で聴覚を刺激する

何かを暗記したい時には、静かに目で読むよりも声に出して音読し、
聴覚を刺激しながら暗記したほうが、スピーディに暗記する事ができるといわれています。

かくいう私も目で読むよりも
耳で聞いたほうが覚えるのがかなり早くなります。

語学の天才と呼ばれたシュリーマンは、
意味が全く分からない外国語の本をただひたすら音読し続けたことによって
10ヶ国語以上をスピーディにマスターしたのだとか。

彼にとっては、新しい言語をたった6週間でマスターすることができたのは、
ひとえに音読のおかげなのだそうです。

もちろん、シュリーマンほどスピーディに暗記する事ができないとしても、
声を出すことによって視覚だけでなく聴覚にも刺激になりますから、
脳内に記憶される確率もグンとアップするはず。

記憶力をアップさせるためには、ぜひ音読したり声に出したりして
聴覚もフル活用する事が効果的です。

音読をする時には、ボソボソと蚊の鳴く様な声はNG。
はっきりと大きな声で自分自身に
言い聞かせるような感じで音読してみてくださいね。


音読と聞くことを何回も繰り返していくことで
覚えることは確実に早くなります。

こんな方法もありますよ。
ここにあるボイスレコーダーを購入して
参考書を録音します。
なるべくはっきりした声で1章ずづでもいいです。

で今度は再生して参考書を見ながら聞いていきます。
これだと普通ですが、
ボイスレコーダーの倍速機能を使って
2倍速くらいの速さで聞いていくんです。
そうすれば、2倍の速さで読めますよね。
時間短縮になるし、
1回録音すれば、後は聞くのを繰り返すだけ。
何回も読まなくていいのです。
試してみる価値ありますよ。
2倍速で再生できるボイスレコーダーはこちら↓
【送料無料】 ソニーICD-TX50 リニアP...

【送料無料】 ソニーICD-TX50 リニアP...
価格:15,130円(税込、送料込)


[ 2014/04/22 11:23 ] 記憶術 | TB(0) | CM(0)

速読、速聴と記憶

速読はページを写真のように
脳裏に焼き付けるようにして
文字を映像化して読みます。

速聴は、音声を高速スピードで聞くことで、
脳細胞の一つ一つに刺激を与えながら内容を理解する事ができる速聴。

どちらに向いているかは人によって違います。


速読の基本は、「速読」と「読書」を切り離して考えること。
読書は内容を理解しながら頭の中でイメージを浮かべながら
楽しんで読む作業のことですが、

速読は、神経を集中させて書かれている文字を
脳裏に焼き付けるためのテクニックです。


私の場合、どちらも学んだのですが、
どちらかというと速聴のほうが向いていたようです。
速聴はリラックスしながら何かを聞くのではなく、
内容を聞き取る事だけに全神経を集中することで、
高速スピードでも内容を聞き取ることができるだけでなく、脳の活性化にもつながります。

「集中」することが重要です。
集中するので速読や速聴の後にはどっと疲れてしまいます。
しかし慣れてきたら・・・

頭の回転を速くする4倍速CDプログラム【自己啓発】【IAX研究所】
[ 2014/04/16 21:19 ] 記憶術 | TB(0) | CM(0)

記憶術は右脳、左脳?


川村明宏のジニアス記憶術



私たちにとっては非常に神秘的な脳。
あなたの脳は約5%しか使用していないということです。
発展の可能性はまだ無限にあります。

よく脳の左側を使用する傾向がある人は右利きの人、
それは、潜在意識が左利きとされている人で
右脳を使用する傾向があると言われているのです。

右脳左脳はまた、あなたなりの練習によって、自由にできることなのでしょうか?

右の脳は、スキルや創造的な直感。
左脳は論理で物事それを考えることができること
ここでいう練習は脳に定着することができるようにと言われています。

右脳を鍛える、左を意識するためには次の例があります。

またこれは空間に関するし、音楽を聴くよう練習することにより
右脳を訓練することができると言われている。

一方、左の脳を訓練するためには、
右手で作業しようとすることができ、
数学、コンピューティングなどこなすをたくさん行ってみる。

時間的な流れを大切にし、または理論化すること
常に物事を考えてた方が良いと思います。

記憶術の向上は


川村明宏のジニアス記憶術
[ 2014/03/26 13:31 ] 記憶術 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。